スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春休みは突然に

3月中旬 2年生

講師が風邪で倒れたため2時間休校が続いていたある日。
教室でグダグダと喋っていると・・・。

グラグラ!!!地震・・・でかい・・・。
震度5はあるか?とりあえず立っていられない感じなので座って収まるのを待つ。
そして外へ。

その後も余震は続き・・・。
ケータイで情報を見ると・・・東北で震度7。
そう、東日本大震災。
(・・・更新遅くてすいません。)

家に帰るとコップは割れ、TVは倒れ、大切にしてきた(?)教科書も全て投げ出されている(もともとの可能性あり)。

そんなこんなで学校は強制的に春休みに入った。

春休みは被災地には行かなかったが、できる範囲での募金とボランティアを。

大学生の頃、ある先生に質問されたことがある。
「阪神大震災のとき、なんであんなにみんなが協力・援助したと思う?」
当時等々ひねくれていた僕は「偽善です。」と悪ぶって答えた。
先生は軽く笑って「それも少しはあるかもしれないけど・・・それだけ凄いことが起きたってことなんだよね。」
当時は理解していたが、理解できないふりをしていた。
そんな恥ずかしい青春時代。
だからこんな人生になったのだろうけど。

僕はボランティアとか正直好きじゃないし、お金は欲しい。
でも何かしたいとか、何かしなきゃとか思うのは「それだけ凄いことが起きた。」ってことなんだろう。

そんなこんなで春休みは震災関連一色だった。
被災地ではないここでもスーパー行ったらトイレットペーパー争奪戦が行われていたり、計画停電で真っ暗の中自転車漕いだり(ガソリンがないため)。

そんな激動の時が過ぎ、学校が再開される。
もちろん早く春休みになった分早く。

どんなことがあっても最後の1年突破する。
僕が思う辛さなんて全然たいしたことはない。
今パソコンを打っている今の自分もそう再確認するのであった。


ブログランキングに参加しています。↓
にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

やまがみおくよし

Author:やまがみおくよし
30歳、実家暮らし。
S県の看護専門学生。
Fランク地方大学卒業後、ふらふらしながら契約社員、派遣社員、フリーター、ゲーム廃人と好き勝手に生きてきた。
才能も資格もないくせに、青い鳥症候群。
ちょっと働いては辞め、遊ぶ。
そんな生き方をしていたら、案の定20代後半からまともな職はなくなった。
面接受けても受かる気しない。
ブラック企業にも落ちる始末。
ゴミの様な企業にゴミ扱いされる。
僕は何連敗したのだろう?
勝ち目はない、1年目の楽天だってもう少し勝ってたぜ?

もう駄目だ、終わったんだ。
人生詰んだんだ。
今は何とか派遣をしながら凌いでいるが、明るい未来は見えません。

ん?看護師は仕事があるらしい。
3年間学校に行けば、就職には困らないという。
都市伝説?いや、本当らしい。
ならば3年間、更に地の奥深くに潜るとしよう...。
※登場する名前は全て仮名です。

最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
14461位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
専門学校生
63位
アクセスランキングを見る>>


ランキングに参加しています。 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ
にほんブログ村
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
月別アーカイブ
カウンター
FC2拍手ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブックマーク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。