スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆったり特養

4月下旬 3年生

在宅実習1週目。
在宅実習の一環として、特別養護老人ホームへ。
特別養護老人ホームとは「65歳以上で常時の介護を必要とし、かつ居宅においてこれを受けることが困難な者を入所させ、養護する施設」だそうだ。
4日間特養にお世話になる。
服装は私服にエプロン。
利用者さんと話をしたり、食事介助をしたりゆったりと時間が流れた。
学生なうえに4日しかいないのでトランスや入浴介助をすることはなかった。
寝ちゃいそうな位、ゆったりとした実習だ。
教員も来ないし。

特養には要介護の高い人が多く、トランスが大変そうだと思っていた。
そしたらなんと!この施設は天井にリフトがついていて、それを使ってトランスをしていた。
荷物のようだ・・・と批判があるかもしれないが介護士からしたら相当楽だろう。
腰痛になることもないし。
ヨーロッパじゃ当たり前らしい。

認知症の患者も多く、フロアを1周するたびに同じおばあちゃんに捕まり、同じ話をされる。
家族は大変だろうな・・・と思いながら笑顔で談笑する。
うちの田舎のばあちゃんも認知症でずっと同じ話をしてたけど・・・毎日だと大変だよな。

今回の実習はレポートも1日の感想を書くだけだし、看護計画なんかもない。
とにかく楽な実習だった。
大変なのは特養の場所が隣の県なので、早起きするのが辛かったが。

特養の看護師は楽なような気もするし、責任が大きくて大変な気もするし。
ひとくくりに看護師って言っても、病棟の看護師とは全然違うんだなぁ。

なんて、のん気なことを考えながら特養実習は終わった。

来週からは訪問看護センターへ行くことになる。

ブログランキングに参加しています。↓
にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

Author:やまがみおくよし
30歳、実家暮らし。
S県の看護専門学生。
Fランク地方大学卒業後、ふらふらしながら契約社員、派遣社員、フリーター、ゲーム廃人と好き勝手に生きてきた。
才能も資格もないくせに、青い鳥症候群。
ちょっと働いては辞め、遊ぶ。
そんな生き方をしていたら、案の定20代後半からまともな職はなくなった。
面接受けても受かる気しない。
ブラック企業にも落ちる始末。
ゴミの様な企業にゴミ扱いされる。
僕は何連敗したのだろう?
勝ち目はない、1年目の楽天だってもう少し勝ってたぜ?

もう駄目だ、終わったんだ。
人生詰んだんだ。
今は何とか派遣をしながら凌いでいるが、明るい未来は見えません。

ん?看護師は仕事があるらしい。
3年間学校に行けば、就職には困らないという。
都市伝説?いや、本当らしい。
ならば3年間、更に地の奥深くに潜るとしよう...。
※登場する名前は全て仮名です。

最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
14033位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
専門学校生
79位
アクセスランキングを見る>>


ランキングに参加しています。 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ
にほんブログ村
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
月別アーカイブ
カウンター
FC2拍手ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブックマーク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。