スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奨学金ゲットへの道

3月某日 入学前

C病院に奨学金の説明を聞きに行く。
スーツを着て、向かうと「あら?わざわざスーツで来てくれたんですね。私服で良かったんですよ。」と笑われる。
なるほど、そーゆー世界なのか。
学生担当の事務さんから病院の理念や、就職後の給料や待遇について長々と説明を受ける。
うーん、正直3年後の話されても・・・待遇に文句を言える身分でもないし...。
何でもいいからとっとと金貸してくれ・・・と思うも、口が裂けても言えない。
その後、病院内を案内され、各病棟で会う人会う人に挨拶。
あー、疲れる。
どんだけ挨拶させんだよ。
病院案内が終了すると、契約書を渡される。
案外あっさりと奨学金はくれるらしい。
悩んだ結果、月8万円借りることにする。
就職後、毎月2万円は返さなければならないが・・・まぁ、無利子だしいいだろう。
と、段々引き返せなくなってきていることに気付く。
きっと最後の職業選択となるであろう。
血へどを吐いてもしがみつくのだ、この世界に。

と、学生担当の事務さんから
「奨学生になるには、看護師がどのような仕事か知らなければならないでしょ?ということで2日間の看護体験を用意しているので、参加してください。」
と提案される。
まぁ、ご丁寧に・・・いらんことを。
そんなことしている間に金を稼ぎたいのに...。
その他の歓迎会や講演会は仕事を理由に断れたのだが、この2日だけはどうしても出てくれとのことだった。
ああ、面倒くさい。
奨学金を借りるのも一苦労だな。


ブログランキングに参加しています。↓
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やまがみおくよし

Author:やまがみおくよし
30歳、実家暮らし。
S県の看護専門学生。
Fランク地方大学卒業後、ふらふらしながら契約社員、派遣社員、フリーター、ゲーム廃人と好き勝手に生きてきた。
才能も資格もないくせに、青い鳥症候群。
ちょっと働いては辞め、遊ぶ。
そんな生き方をしていたら、案の定20代後半からまともな職はなくなった。
面接受けても受かる気しない。
ブラック企業にも落ちる始末。
ゴミの様な企業にゴミ扱いされる。
僕は何連敗したのだろう?
勝ち目はない、1年目の楽天だってもう少し勝ってたぜ?

もう駄目だ、終わったんだ。
人生詰んだんだ。
今は何とか派遣をしながら凌いでいるが、明るい未来は見えません。

ん?看護師は仕事があるらしい。
3年間学校に行けば、就職には困らないという。
都市伝説?いや、本当らしい。
ならば3年間、更に地の奥深くに潜るとしよう...。
※登場する名前は全て仮名です。

最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
32801位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
専門学校生
191位
アクセスランキングを見る>>


ランキングに参加しています。 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ
にほんブログ村
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
月別アーカイブ
カウンター
FC2拍手ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブックマーク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。