スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガタがきてます

1月上旬 2年生

今までの人生みたいにならないように努力をする。
僕が学校に入ってから心に秘めていることだ。
だからどんなにつまらない授業でも休まない。
遅刻もしない、信用されるためには「その場所にいる。」ことが大事なのだ。
そんなこんなで今のところ皆勤賞だ。
身体も丈夫なので3年間皆勤で行きたい。

年も明け、学校も始まり「今年も休まないぞ!!」
と思った矢先・・・朝方に激痛で起きる。
あーーーーーーーーーーーーーーーー何この痛み。
駄目だ・・・死ぬかも。
数年ぶりの病院、救急外来へ。

大事には至らなかったがこの日と翌日は学校を休み、皆勤が途切れる。
急にやる気なくなっちゃった・・・。w
やはり目標って大事なんだよね。

寄る年波には勝てぬ。
しかし老兵はまだ消えませぬ。

ブログランキングに参加しています。↓
にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ
にほんブログ村

2学期 実習直前

9月上旬 2年生

2学期。
1週間後から、専門領域の実習が始まる。
休み明け1発目から外科疾患のテストがあった。
手術侵襲の影響、胃癌についての問題など、全て筆記形式での問題だった。
まぁ、テスト範囲はある程度きいているから余裕だったけど。

もうすぐ外科実習ということで手術室での手洗い方法の演習もあった。
ブラシを使って手を洗う。
マスク、キャップをして、ガウンを着て滅菌手袋を着用。
無菌操作も大変だな。
手術室・・・手が荒れまくりそう。

そして、ついに実習のグループが発表された。
約3ヶ月の長丁場。
用紙を見ると・・・
-------------------
1グループ
やまがみ おくよし(リーダー)
-------------------

・・・ぐはぁ!!!
またか・・・。
前回はレポート発表ゼミの実行委員。
そして次は・・・リーダー。
しかも約3ヶ月・・・自分で一杯一杯なのに。
真面目キャラを植えつけすぎたか?

はぁ、乗り切れる気がしねぇ。


ブログランキングに参加しています。↓
にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ
にほんブログ村

宿題に小さじ程度の遊びを振りまく夏休み

8月中旬 2年生

夏休み。
物凄い量の宿題を行うために毎日のように学校へ通い、こなしていく。
真面目にやったら20日近くかかった。
あんまり真面目にやってる奴なんかいないっぽいけど。
母性看護の場合、「妊娠の定義」から「NST」だの「アプガースコア」だの「レオポルド触診法」だの・・・調べてまとめていく。
これが何十項目もあり・・・、そんなのを外科と小児、精神でも同じことをしていく。
一度授業でやっているものの・・・一度で頭に入っているわけもなく。
科目によっては「医学書院」じゃない教科書もあり、これが宿題の進行を遅らせていく。
医学書院の教科書は、索引がしっかりしており調べやすいのだが・・・もう一つの教科書は索引が妙に弱く・・・。
やっぱり教科書は医学書院が一番。
医学書院に統一してもらいたいよ、ほんとに。

成績の悪い人向けに行われている補習にも、暇なので参加したりして再復習をする。
+教員に真面目アピール。
「やまがみ君ったら、別に補習メンバーじゃないのに補習に出て・・・真面目ね。」作戦。
教員に対する印象も大事なのが看護学校。
評価は、教員毎の一貫性がないからね。
教員の好き嫌いで評価されることもしばしば。
敵は作らないほうが良いわけです。

まぁ、そんな感じでほとんど勉強してた。

その中でも何日かクラスメイトと遊んだり、旅行に行ったり。
そこそこ楽しんでます。

夏休みが終わると、3年間で最も長い実習に突入する。
遊べるうちに遊んでおこう。


ブログランキングに参加しています。↓
にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ
にほんブログ村

2年目の夏休み、折り返し地点

7月中旬 2年生

夏休みへ。

レポートは提出期限に間に合い、かなり直されたものの「合格」をもらう。
その後は、レポート発表ゼミの実行委員として毎日のように集められる。
「どうすれば、みんなが寝ないでゼミに意欲的に参加できるのか?みんなに自発的に学んで欲しい。そういうゼミを実現するのが実行委員。」
と教員に難しいことを言われる。
すでに自発的じゃないような。
まぁ、そんなこんなで自分のグループの発表を考えつつ、ゼミ全体の構成も考える。
そんな面倒な日々を繰り返す。

そして当日。
各グループ代表事例を1つ発表し、その病態を詳しく説明するという発表方法にした。


結果、半分寝てる、と・・・。


・・・(苦笑)。
発表がつまらないのもあるのだろう。
もっとわかりやすく楽しい発表にしないと。
それが難しいんだけど。

うちのグループは、大嶺結衣(おおみねゆい、仮名)の事例を発表した。
しかし、受け持った本人があまり病態を理解していなかったため、たまたま来ていた他の先生にメッタ斬りにされる。
大嶺ちゃんもかなり落ち込んでしまい・・・悪いことをしてしまった。
テキトーに事例を選んでしまった結果だ。

そんなこんなでなんとかレポート発表ゼミも終わる。

その間の授業は、精神・母性・小児・外科・薬理が中心。
全然わからない。
特に母性はお手上げ状態。
女性の身体のメカニズムに驚くばかり。
解剖からホルモンから何から、聞くと「へー。」とは思うが、全く頭に入ってこない。
自分にないものを理解するというのは、本当に難しい。
しかし、しっかり勉強しておけば将来ちょっとだけ良い旦那になれそうな気もする。
こんな発想ばかりしているから未だに学生で独身なのだろう。


そんなこんなで夏休みへ。
夏休みが明けるとすぐに専門領域実習。
凄い量の宿題が出ております。
やっと・・・看護学校っぽくなってきた・・・のかな?
ならなくていいぞ・・・。


ブログランキングに参加しています。↓
にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ
にほんブログ村

実習が終わり

6月下旬 2年生

実習も終わり、通常の授業へ戻る。

体育なんかもあり、体育館で汗をかく。
授業は専門領域実習+薬理学、生化学など非常に難しい内容へ。
ついていくので精一杯。
それに、成人実習のレポートを作りながら。
さらにレポート発表ゼミの実行委員になっている。
その集まりで昼休みは消え・・・。

ゼミが終わればやっと夏休み。

長いようで短い。

夏休みがあければ専門領域実習。
精神、母性、小児、外科をまわる。

嫌過ぎる・・・。
夏休みしっかり勉強しないと終わるな・・・。

ブログランキングに参加しています。↓
にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ
にほんブログ村
プロフィール

やまがみおくよし

Author:やまがみおくよし
30歳、実家暮らし。
S県の看護専門学生。
Fランク地方大学卒業後、ふらふらしながら契約社員、派遣社員、フリーター、ゲーム廃人と好き勝手に生きてきた。
才能も資格もないくせに、青い鳥症候群。
ちょっと働いては辞め、遊ぶ。
そんな生き方をしていたら、案の定20代後半からまともな職はなくなった。
面接受けても受かる気しない。
ブラック企業にも落ちる始末。
ゴミの様な企業にゴミ扱いされる。
僕は何連敗したのだろう?
勝ち目はない、1年目の楽天だってもう少し勝ってたぜ?

もう駄目だ、終わったんだ。
人生詰んだんだ。
今は何とか派遣をしながら凌いでいるが、明るい未来は見えません。

ん?看護師は仕事があるらしい。
3年間学校に行けば、就職には困らないという。
都市伝説?いや、本当らしい。
ならば3年間、更に地の奥深くに潜るとしよう...。
※登場する名前は全て仮名です。

最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
12995位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
専門学校生
68位
アクセスランキングを見る>>


ランキングに参加しています。 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ
にほんブログ村
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
月別アーカイブ
カウンター
FC2拍手ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブックマーク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。